不妊症・不育症ピアサポーター等の養成研修 修了(495時間)

 2021年に(公社)日本助産師会が主催、2021厚生労働省委託事業でもある標記研修会を受講し、修了証をいただきました。

 【ブログ】不妊症・不育症ピアサポーター等の養成研修

 ブログにも書かせていただきましたが妊娠しやすい体づくりの鍼灸と言いましても、その方法は多くあります。当院では鍼施術を主に実施しますが、お灸を活用する方法もあります(電子温灸器は使用します)。私は処方することはできませんが、漢方薬を使用して妊孕力を高める方法もあります。また、低出力レーザーなどを使用する方法もあります。

 鍼灸の施術方法やその周辺治療器なども併せて考えると多くの施術方法があります。そのため、ご夫婦への施術効果を考えた場合、施術方法や知識については常に更新しながら臨床に臨むことは当然必要になります。

 しかし、現在、クリニックで実施されている不妊治療であっても全てのご夫婦に子どもが授かることはほぼ難しい状況です。そして、いずれかは治療を継続するのか終了するのか、そんな選択肢を迫られる状況もあり得ます。

 そして残念ながら、流産や死産等を経験する場合も出てきます。

 私たちの立場では、医療(治療)との連携も常に念頭におかねければいけませんが、不妊に関わるそれ以外の周辺でサポートする方々の力も必要になってくることが出てきます。

「この悩み、どこに相談すれば良いのだろうか・・・・」と

 そんな時の横の繋がりや連携が必要だなと思い、この研修に参加させていただいたわけです。

 不妊や不育やそれに付随する悩みにご夫婦が直面したとき、より的確にベターな道を示してあげることができるようにという思いがあります。

(公社)日本助産師回の標記研修のHP